Project

General

Profile

[GGW3.2.1/GGH4.X-5.X] GGの評価を行うに当たって,サーバー側に必要なプロセッサ (CPU) の性能は?

技術ノート
12/28/2011

[番号]
技術ノート KGTN 2011122803

[現象]
[GGW3.2.1/GGH4.X-5.X] GGの評価を行うに当たって,サーバー側に必要なプロセッサ (CPU) の性能は?

[説明]
GraphOn社のデータシートによれば,GGW3.2.1 およびGGH4.X-5.X に関して,サーバー側に必要なプロセッサ (CPU) の性能は規定されておりません.この理由は,GG自体がプロセッサを多く使用することはなく,大半はGG上で動作するアプリケーションが使用します.従って,ご利用のアプリケーションが必要とするプロセッサの性能が最低ラインとなります.実際には複数ユーザで使用することになりますので,より高性能なプロセッサ (コア数の多いプロセッサ,マルチユーザーの利用ではクロック数よりもコア数の方がより重要なファクターとなります) や,同一性能以上のプロセッサが複数必要になります.どれだけ高性能にするかという点に関しては,実際の運用で使用されるアプリケーションの機能や操作を行うユーザの習熟度 (慣れた人ほど操作が速く,その結果プロセッサを多く使用します) に大きく影響されますので,できる限り実運用に近いシナリオでプロセッサの使用率を計測されること強くお勧めします.

Files

KGTN2011122803.pdf (64.6 KB) kitasp 技術センター, 08/01/2016 11:26 AM