Project

General

Profile

SessionVerification = 0 (KGTN#2010022401を参照) でもセッション断が発生したが,他に考えられる原因はあるか?

技術ノート
03/02/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010030205

[現象]
SessionVerification = 0 (KGTN#2010022401を参照) でもセッション断が発生したが,他に考えられる原因はあるか?

[説明]
例えば,以下のような原因が考えられます (順不同) .

セッションに割り当てられたリソースが不足
→ クラスタマネージャで Minimum available physical memory およびMinimum available virtual memory を2〜3倍に増やして状況が改善するかどうか確認する.

サーバ自体のメモリが不足
→ 1ユーザのみの利用で現象が発生するかどうか確認する.

クライアント側でスワップが頻発
→ クライアントのメモリ空き容量およびスワップの発生状況を確認する.

処理が過度に高負荷
→ 現象が発生する処理を実行してCPU使用率が100%またはそれに近い状態になり,かつその状態が長く続くかどうか確認する.

サーバまたはクライアントのマシンが不安定
→ 他のサーバおよび他のクライアントで現象が発生するかどうか確認する.

ネットワークの (一時的) 障害
→ PINGコマンドでパケットロスやラウンドトリップタイムを確認する (発生頻度が高い時間帯に繰り返し実施する) .また,これと併せてAPSログの記録も確認する.

Files

KGTN2010030205.pdf (67.6 KB) kitasp 技術センター, 03/02/2010 03:00 PM