Project

General

Profile

[GGH4.0] 無操作タイムアウト (アイドルタイムアウト) に関して,クライアントドライブ機能で大きなファイルをコピーしている場合でも,マウスやキーボード操作がなければ 「操作がなかった」 と判断されるのか?

技術ノート
12/07/2011

[番号]
技術ノート KGTN 2011120703

[現象]
[GGH4.0] 無操作タイムアウト (アイドルタイムアウト) に関して,クライアントドライブ機能で大きなファイルをコピーしている場合でも,マウスやキーボード操作がなければ 「操作がなかった」 と判断されるのか?

[説明]
クライアントドライブ機能で大きなファイルをコピーしている場合であっても,マウスやキーボード操作がなければ,無操作タイムアウトは発生します.なお,GGH4.0は最初にコピー元と同じサイズのファイルをコピー先に作成し,次にコピー元のデータを転記します.このため無操作タイムアウトが発生してもコピー先にコピー元と同じサイズのファイルが存在しますが,そのデータは完全ではありません.必要があればマイクロソフト社の FCIV (ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティ) を使用し,データが完全かどうか検証することが出来ます.

補 足
一般的な無操作タイムアウトに関する情報は,技術ノート KGTN#2011120701 をご覧下さい.

Files

KGTN2011120703.pdf (57.1 KB) kitasp 技術センター, 12/08/2011 07:30 AM