Project

General

Profile

[Windows] パフォーマンスカウンタの Memory¥Pages/sec に大きい値が記録されている時があるが,物理メモリが不足しているのか?

技術ノート
11/29/2011

[番号]
技術ノート KGTN 2011113001

[現象]
[Windows] パフォーマンスカウンタの Memory¥Pages/sec に大きい値が記録されている時があるが,物理メモリが不足しているのか?

[説明]
このカウンタは 「メモリ上に存在しないデータが要求され,ディスクからの read / write が発生した頻度 (1秒間毎) 」 を示しています.従って,ページファイルの read / write だけでなく,アプリケーションの実行モジュール読込みやデータファイルの read / write 等でもこの値が増加しますので, Memory¥Pages/sec の値が大きいことが直ちに物理メモリの不足を意味するものではありません.

参 考
サイズの大きな (あるいは重たい) アプリケーションを初めて起動した時は, Memory¥Pages/sec の値は一時的に大きな値 (例えば 7,000) になります.この後,アプリケーションを終了し改めて起動すると, (状況にもよりますが) アプリケーションの実行モジュールやデータファイルがメモリにキャッシュされているため大きな値にはなりません.

Files

KGTN2011113001.pdf (61.6 KB) kitasp 技術センター, 11/30/2011 08:26 AM