Project

General

Profile

特定のアプリケーションで予期せぬセッションの切断が発生する事例はないか?

技術ノート
02/24/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010022409

[現象]
特定のアプリケーションで予期せぬセッションの切断が発生する事例はないか?

[説明]
過去に1件事例があります.そのアプリケーションは,データの読み込み時に進行状況を表示するため,過度に頻繁に情報 (文字列) を表示していました.これにより非常に多くの表示要求がサーバからクライアントへ送信され,その結果クライアントとサーバ間のPING (到達確認) の送受信に遅延が発生し,最終的に通信障害と認識されセッションが切断されました.

ggw-3.2.1.4420またはそれ以降では,サーバからクライアントへ要求が送信されている場合,PING (到達確認) を送信しないように仕様が変更され,この問題は解消しました.

参 考
When a large amount of data was sent from the server to the client, the reply to the client's ping request could take longer than 30 seconds to be returned to the client. When this happened, the client would erroneously assume that it could not communicate with the server, and it would close the connection. The client now only sends ping and keep-alive requests when it respectively has not received input or output during the ping interval. If the client has received both input and output, it does not send any requests to the server. In addition, if the ping request times out, but the client has received input since sending the request, the client does not close the connection.

Files

KGTN2010022409.pdf (68.1 KB) kitasp 技術センター, 02/24/2010 01:58 PM