Project

General

Profile

[iPad-Client] iPad-Cleint β版で日本語の入力が出来ない.

技術ノート
11/02/2011

[番号]
技術ノート KGTN 2011051101

[現象]
[iPad-Client] iPad-Cleint β版で日本語の入力が出来ない.

[説明]
iPad-Cleint β版では,日本語の入力は出来ません.対症療法になりますが,IME2000等の機能の 「ソフト キーボード」 を利用することで,日本語を入力することが可能です.iPad-Cleint リリース版では,iPad側のIME(日本語入力のキーボード) を使用して日本語の入力が可能になる予定です.

補足1
フリーソフトの 「DekaスクリーンキーボードCompact」 をインストールし,アプリケーションとして登録して下さい.利用したいアプリケーションとこのアプリケーションを起動することで,タッチパネル上で106キーボードと同じ操作で日本語を含む文字入力が可能になります.

補足2
GraphOn社からの情報によれば, iPad上で漢字入力 (かな漢字変換) が出来ない問題は, iPad のオペレーティングシステム iOS4 の不具合に起因しているとのことです.次期 iOS5 ではこの不具合が解消され,漢字入力 (かな漢字変換) が出来るようになるという報告がありました.

実際,GraphOn社の開発チームは, iOS5 のβ版でこの問題が解消されることを確認しています.

補足3
iOS5 の環境で日本語を入力しようとすると,地球マークのキー (言語切り替え) が表示されない現象が確認されています.この問題については,10月中旬にリリース予定の iPad Client Release 2 で修正される見込みです.

補足4
iPad Client Release 2 (4.1.1.11249) で,クライアント側のIMEを使用して日本語入力が可能になりました (次ページの画像の通り) .簡単にテストした範囲では,以下の問題があります.

日本語フルキーボードを使用してローマ字かな変換をした場合,入力したアルファベットの前の部分が残るケースがある.
日本語テンキーを使用してひらがな入力をした場合,撥音・拗音・半濁音が入力できない.

補足5
iPad Client Release 2 の問題は,次のリリース iPad Client Release 3 の最優先対応項目となっております.弊社でこの問題について検討したところ,英語キーボードについては (条件が付くかもしれませんが) 対応可能で,日本語キーボードについては撥音・拗音・半濁音の入力が非常に難しいと考えております.従って,iPad Client Release 3では,英語キーボードのみサポートする可能性があります.

Files

KGTN2011051101.pdf (403 KB) kitasp 技術センター, 11/02/2011 12:00 PM