Project

General

Profile

GGサーバの連続稼働を行うとメモリダンプ (BSOD) が発生する.

技術ノート
01/22/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010012202

[現象]
GGサーバの連続稼働を行うとメモリダンプ (BSOD) が発生する.

[説明]
GGや Terminal Service でアプリケーションをホスティングするサーバは,他のWindowsシステムと比較しプロセスの生成と消滅が非常に多く発生します.このため,長期間連続稼働を行うとシステムのメモリの断片化等が発生して,サーバが不安定になることがあります.このようなことから,サーバの安定運用のためには,定期的な再起動の実施が肝要です.再起動の間隔は,サーバの利用状況等にもよりますが,1週間に1回程度を目安にして下さい (もちろん毎日でも構いません) .

注 意
定期的な再起動を行ってもメモリダンプが発生する場合は,同時に利用するユーザ数が多いことが考えられます.ユーザ数を減らして,メモリダンプの発生が改善するかどうか確認して下さい.

Files

KGTN2010012202.pdf (58.7 KB) kitasp 技術センター, 01/22/2010 02:54 PM