Project

General

Profile

[GGH4.0] クライアント印刷機能で大きな印刷ジョブを流した場合,GGW3.2と同じような感じなのか?

技術ノート
12/13/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010121302

[現象]
[GGH4.0] クライアント印刷機能で大きな印刷ジョブを流した場合,GGW3.2と同じような感じなのか?

[説明]
GGW3.2では 「サーバ側でのスプールファイルの生成 → スプールファイルの転送 → クライアント側でのスプールファイルの生成」 という順序でクライアント印刷が行われておりましたが,GGH4.0では 「サーバ側でのスプールファイルの生成」 と 「クライアント側でのスプールファイルの生成」 が並行して行われます.また,アプリケーションの印刷ダイアログ (の印刷中のダイアログ) はすぐに印刷終了の状態になり,バックグラウンドで上記のスプールファイルの処理が進行します.

印刷の方式の違いから,GGW3.2では “RS: Exception occurred in PRINT_EndDoc.” が発生する4,684ページの印刷 (スプールファイルは2.24GB) も,GGH4.0では印刷することが出来ました.

サーバ側のプリンタ (4,684ページを印刷)

クライアント側のプリンタ (スプールファイルのサイズ2.24GB)

Files

KGTN2010121302.pdf (207 KB) kitasp 技術センター, 12/13/2010 02:17 PM