Project

General

Profile

[GGW3.2] クライアント印刷機能で大きな印刷ジョブを流した場合,どれくらい時間がかかるのか?

技術ノート
12/13/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010121301

[現象]
[GGW3.2] クライアント印刷機能で大きな印刷ジョブを流した場合,どれくらい時間がかかるのか?

[説明]
印刷するドキュメントの内容・プリンタドライバの種類や処理・サーバ/クライアントのCPUパワー・ネットワークの帯域などに大きく依存しますので,一般論で議論することは出来ません.ひとつのサンプルとして,弊社での実験結果を以下に示します.

サーバのスペック: Intel Pentium4 2.80GHz
クライアントのスペック: Intel Core2 Duo 2.00GHz
アプリケーション: Excel 2000 の表1,000ページ分
ネットワーク: 100Mbps
プリンタ (ドライバ) : EPSON LASER LP-8600

1) サーバ側の印刷時間: 538秒, クライアント側への印刷時間: 60秒, スプールファイル: 487MB
2) サーバ側の印刷時間: 535秒, クライアント側への印刷時間: 60秒, スプールファイル: 487MB
3) サーバ側の印刷時間: 540秒, クライアント側への印刷時間: 62秒, スプールファイル: 487MB
*) スプールファイルの転送時は100Mbpsの12.5%の帯域を使用

ここで言う 「サーバ側の印刷時間」 とは,印刷ボタンを押下してサーバ側でスプールファイルが生成されるまでの時間です. 「クライアント側への印刷時間」 とは,サーバ側のスプールファイルがプリンタのフォルダから消え,クライアント側のプリンタのフォルダにスプールファイルが生成されるまでの時間です.

Files

KGTN2010121301.pdf (59.7 KB) kitasp 技術センター, 12/13/2010 11:21 AM