Project

General

Profile

Windows Server 2003 の環境で 「カーネル メモリ ダンプ」 を選択しているにも関わらず, 「完全メモリ ダンプ」が生成される.

技術ノート
12/03/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010120304

[現象]
Windows Server 2003 の環境で 「カーネル メモリ ダンプ」 を選択しているにも関わらず, 「完全メモリ ダンプ」が生成される.

[説明]
物理メモリを増設した場合, 「起動と回復のためのレジストリ値」 CrashDumpEnabled がそれに応じた値に変更されないため,このような現象が発生します.メモリを増設した場合は, [デバッグ情報の書き込み] のダンプファイルの種類を再設定するだけでなく,下記の CrashDumpEnabled のレジストリ値も変更する必要があります.

HKLM¥System¥CurrentControlSet¥Control¥CrashControl
CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x0 = 無し
0x1 = 完全メモリ ダンプ
0x2 = カーネル メモリ ダンプ
0x3 = 最小目折り ダンプ (64 KB)

Files

KGTN2010120304.pdf (63.8 KB) kitasp 技術センター, 12/03/2010 02:52 PM