Project

General

Profile

同時ユーザ数が1,000を越えるシステムを構築する場合,負荷分散 (セッション管理) はどのようにすべきか?

技術ノート
07/01/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010070201

[現象]
同時ユーザ数が1,000を越えるシステムを構築する場合,負荷分散 (セッション管理) はどのようにすべきか?

[説明]
同時数千ユーザの事例等から考えると,ログオンが集中する可能性があるシステムでは, (ハードウエア) ロードバランサをGGサーバの前に設置し,クライアントからの同時かつ多数の接続要求を, 「GGサーバの最大ユーザ数を越えない範囲で」 各GGサーバに散らすのが良い方法です.ネットワーク障害等に備えてGGのセッション再接続機能を使用する場合は,再接続時に同じGGサーバへ再ログオン出来るように,ロードバランサのパーシステント機能を使用して下さい.

参 考
クライアントからの同時かつ多数の接続要求を Windows Server で受け付けた場合,TCP/IPやリソースの制約等により,さまざまな問題が発生する可能性があります.安定した運用を最優先に考えるなら,その処理に最適化されている (ハードウエア) ロードバランサの利用がお勧めです.

Files

KGTN2010070201.pdf (61.6 KB) kitasp 技術センター, 07/02/2010 05:03 AM