Project

General

Profile

GMCheckRaw の結果を得るには,ファイルを介する方法しかないのか?

技術ノート
06/24/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010062401

[現象]
GMCheckRaw の結果を得るには,ファイルを介する方法しかないのか?

[説明]
設定ファイル GMCheck.ini の中の項目 command に実行可能なプログラムを指定すると,以下の環境変数が設定された環境で指定したプログラムが実行されます.つまり,環境変数を介してGMCheckRaw の結果を得ることが出来ます.

header
footer
dateTime
hostName
ipAddress
serverID
maxSessions
sessionCount
availability
versionNumber
sectionName
sessionInfo_0 (セッション情報の数)
sessionInfo_1 (最初のセッションの情報)
sessionInfo_2 (2番目のセッションの情報)
 …

Files

KGTN2010062401.pdf (55.5 KB) kitasp 技術センター, 06/24/2010 10:20 AM