Project

General

Profile

[GGW3.2.1/GGH4.X] 1つの物理サーバにGGサーバとADサーバを同居させたいが,何か問題はあるか?

技術ノート
09/02/2011

[番号]
技術ノート KGTN 2010041507

[現象]
[GGW3.2.1/GGH4.X] 1つの物理サーバにGGサーバとADサーバを同居させたいが,何か問題はあるか?

[説明]
GGサーバとADサーバを1つの物理サーバで運用することはお勧め出来ません.

1) ADサーバもGGサーバもCPUおよびメモリの両面で負荷が高く,その2つを1つの物理サーバで運用させると,パフォーマンスや利用できるユーザ数がかなり低下します.

2) 上記と関連して,空きメモリに余裕がないためWindowsが不安定になり易く,このような状況ではアプリケーションの動作が不安定になります.

3) Windowsが不安定になった場合,サーバを再起動することが必要ですが,ADサーバはその役割から再起動をタイムリーに行うことが困難です.

4) 基本的な問題として, 「ドメインを管理するサーバを」 一般ユーザが利用することは,セキュリティ上好ましいことではありません.

補 足
GGサーバとADサーバが同居した環境 (1台のマシン) で問題が発生した場合は,GGサーバとADサーバが分離された環境 (2台のマシン) 上での再現試験をお願いすることがあります.この試験等により問題がGGサーバとADサーバの同居に依存しないことが確認されれば,通常の問題と同様の方法でGG をサポートします.同居に依存しないことが確認されない場合は,同居に絡んで発生した問題だと推測されますので,サポートの対象外となります.

Files

KGTN2010041507.pdf (64.6 KB) kitasp 技術センター, 11/21/2014 03:52 PM