Project

General

Profile

GGのバージョンアップで 「上書きインストール」 したが,誤ってインストール先のフォルダを変更した.何か問題はあるか?

技術ノート
03/25/2010

[番号]
技術ノート KGTN 2010032502

[現象]
GGのバージョンアップで 「上書きインストール」 したが,誤ってインストール先のフォルダを変更した.何か問題はあるか?

[説明]
「上書きインストール」 の前提は,バージョンアップ前とバージョンアップ後のインストール先フォルダが同じでなければなりません.異なるフォルダが指定された場合は,環境変数やレジストリの値に不整合が発生し,GGが正常に起動しないか,または正常に動作しないことがあります.このような状況になった場合は,以下の手順で修復作業を行って下さい.

バージョンアップ前のインストール先フォルダの中にあるライセンスファイル license.lic をデスクトップにコピーする.
コントロールパネルの 「プログラムの追加と削除」 で “GO-Global Server” を削除する.
サーバを再起動する.
新バージョンのGGをインストールする (再起動はしない) .
デスクトップにコピーしたライセンスファイル license.lic をバージョンアップ後のインストール先フォルダの中の所定のフォルダへコピーする.
サーバを再起動する.
クラスタマネージャでアプリケーションを登録する.
クラスタマネージャでGGサーバの各パラメタを設定する.

Files

KGTN2010032502.pdf (59.8 KB) kitasp 技術センター, 03/25/2010 09:53 AM